MASAが教えるフィットネスボクシングの基本1 構え方と握り拳の作り方

こんにちはMASAです。

今日は、ボクシングの基本となる構え方と

握り拳の作り方をお伝えします。

構え方は基本中の基本ですし、

握り拳の作り方は、ジムで教えていないことがありますので

貴重な話なんです。

1. 構え方はどうすれば良いの?

構え方は、まず肩幅位に足を広げて自然に立ちます。

右足を後ろに引いて、左足を少し斜めにします。

両手を握り、拳を上に向けて肘を曲げた状態でおなかの上にのせます。

背中を丸めて膝を軽く曲げます。

顎を引いて、左拳を左目あたりまで上げ、右拳は右顎の横あたりにおきます。

はい、これが構え方になります。

左構え(サウスポー)の人は、上記の右と左を逆にして下さい。

ボクシングの構え方は、相手のパンチが

顔やお腹の急所に当たりづらくなるような構え

になっています。

また、パンチを出しやすくもなっているんです。

構え方で、その人のレベルが分かりますので、

あなたはカッコ良い構え方を覚えて下さい。

最初のうちは、肩に力が入ってしまうので、

肩の力が抜けるように構えられると良いです。

更に言うと、体全体の力を抜いて構えられる

なお良いです。

そうすることによって、動きが柔らかくなり、

スムーズに練習が出来る様になります。

是非、参考にしてみて下さい。

ちなみに、

私も最初、うまく構えられなかったのですが、

トーレーナー(コーチ)に教えてもらったり

先輩の構えや動きを見て真似しました。

トレーナーや先輩の構えがカッコ良くて、

何が自分と違うんだろうと考えていたんです。

結局、肩に力が入っていた事が

原因だったので、力を抜く練習をしました。

すると、かなりカッコよく構えられるようになったんです。

コツとしては、練習後のアフターシャドー

(力を抜いて疲れをとるシャドーボクシング)

をしている時に、

あれっ!!!力が抜けてる。

とコツを掴んだんです。

それから力を抜いて構えられるようになりました。

2.みんなが意外と知らない握り拳の作り方とは?

握り拳の作り方って、すごく大事なことなのですが、

あまり気にしていない方が多いので説明させていただきますね。

【良い握り拳】

パンチを当てる面がキレイに平になっています。

良い握り方をしているとパンチを打つ目標に

キレイに拳を当てやすいです。

【悪い握り拳】

人差し指が前に出ています。

悪い握り方をしているとパンチを打つときに、

人差し指が当たってしまい突き指をしてしまいます。

ケガをしない為にも良い握り拳を作れるようにしてください。

それでは、良い握り拳の作り方の簡単なコツをお伝えしますね。

まず初めに、猫手にします。

次に軽く握ります。

そうすると、、、

あら不思議、良い握り拳になりました。

もし、あなたが、これで良い握り拳になっていなかったら

小指を上方向に軽く上げてみてください。

そうすると、良い握り拳になるはずです。

是非、試してみてください。

この握り方ができれば、突き指をしたり、

手首をひねって痛めてしまう事が無くなるのでおススメです。

ちなみに、私がボクシングを始めたころは

悪い握り拳で力いっぱいサンドバックを叩いていました。

そして、いつも人差し指を突き指して、

更にの第二関節のところが擦れて血を出していました。

ある時、トレーナーがこのことに気が付いてくれて、

良い握り拳の作り方を教えてくれたんです。

すると、サンドバックを叩いても全く突き指しなくなり、

血も出なくなったんです。

そして、その時こう思いました。

もっと早く教えてよ!!!

ですので、あなたは今日から良い握り拳の作り方を覚えて、

手を痛めずにサンドバックやミットを打てるようになってください。

まとめ

<構え方>

肩幅位に足を広げて自然に立ち、

右足を後ろに引き、左足を少し斜めにします。

 

次に両手を握り、拳を上に向けて肘を曲げた状態で

おなかの上にのせて背中を丸めて膝を軽く曲げます。

 

顎を引いて、左拳を左目あたりまで上げ、

右拳は右顎の横あたりにおきます。

 

 <握り拳の作り方>

 パンチを当てる面をキレイに平にする。

 初めに、猫手にして、次に軽く握ると作れます。

 

もし、出来ていなければ小指を上方向に軽く上げると良いです。

それでは、あなたはカッコよい構えを覚えて、

良い握り拳でサンドバックやミットを

気持ち良く打てるようになってください。

そして、フィットネスボクシングをエンジョイしてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする