あなたにおススメなボクシングスタイル3つの選び方をMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日は、あなたにおススメなボクシングスタイル3つの選び方をお伝えします。

ボクシングスタイルは3つのスタイルがあります。

・ボクサー

・ファイター

・ボクサーファイター

それぞれ、特徴がありますので、詳しく説明しますね。

特徴に合わせて、あなたに合ったスタイルを見つけて下さい。

又、それぞれのスタイルのメリットも説明していますので、

今回も最後までお付き合いください。

1. 足を使ったキレイなボクサー型とは?

ボクサー型とは、身長が高くて、手が長い人に向いているボクシングスタイルです。

基本的には、長い腕を活かして相手を寄せ付けずに遠い距離からパンチを当てて、

足を使って軽快なリズムでステップを踏み、相手のパンチを避けていきます。

得意とするパンチはジャブとストレートです。

リーチ(腕の長さ)が長い人は、ボクサーにはとても有利で、

相手のパンチが届かない距離でパンチを当てる事ができます。

ですので、身長がスラっと高くて手の長い人に向いているんです。

私は最初に打たせないで打つボクサースタイルに憧れました。

「ヒット、アンド、アウェイ」と言って、打ったら離れる。

相手にパンチを打たせずに、こちらのパンチを当てるスタイルが

カッコ良かったんですよね。

もし、あなたがスラっと背が高く、手足が長ければ

私は、ボクサースタイルをオススメします。

2. ガンガン攻めていくファイター型とは?

ファイター型とは、背が低くて腕が短い人に向いてるボクシングスタイルです。

基本的には、ガードを固めて頭を振りながら相手の懐にもぐりパンチを打ち込みます。

得意とするパンチはフックとアッパーです。

リーチ(腕の長さ)が短い人は、自分のパンチが届く距離まで近づかなくてはパンチが当たりません。

ですので、背が低くて手の短い人に向いているスタイルです。

ファイタータイプは、ガンガン攻めていくので、倒し屋が多く、

プロボクシングの試合では、相手を攻めまくるのでとてもおもしろいです。

ですので、あなたが背が低くて腕が短ければ

ファイタースタイルをオススメします。

3. ボクサーとファイターの中間、ボクサーファイター型とは?

ボクサーファイター型とは、ボクサーとファイターの中間的なスタイルで、

普通の体形の人に向いています。

基本的にはボクサー的な動きで、相手とに距離をとり、

近づいたときにファイター的な動きで攻めていくタイプです。

得意なパンチは人にもよりますが、基本的には

ジャブ、ストレート、フック、アッパー全てです。

又、普通の体形の人は、基本的にボクサースタイルをしても良いですし、

ファイタースタイルをしても良いです。

ですので、対戦相手に合わせてスタイルを変えることも出来ます。

私は普通の体形で、ボクサーファイター型でした。

ボクシングを始めた頃は、ボクサー型に憧れてボクサー型で練習をしていましたが、

プロボクシングジムの教えで、前へガンガン出るスタイルを取り入れてボクサーファイター型になりました。

しかし、私にはこのスタイルが合っていたようで、良かったと思ってます。

足を使ってリズムをとったり、ガンガン攻めていったり楽しかったです。

あなたが、普通の体形でしたら、

ボクサー型でも、ファイター型でもボクサーファイター型でも

好きなものを選べば良いと思います。

まとめ

今回は、あなたにおススメなボクシングスタイル3つの選び方をお伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. 足を使ったキレイなボクサー型とは?

・身長が高くて、手が長い人に向いているボクシングスタイル

・長い腕を活かして相手を寄せ付けずに遠い距離からパンチを当てる

・身長が高くて手の長い人に向いている

2. ガンガン攻めていくファイター型とは?

・背が低くて腕が短い人に向いてる

・ガードを固めて頭を振りながら相手の懐にもぐりパンチを打ち込む

・背が低くて手の短い人に向いている

3. ボクサー型とファイター型の中間ボクサーファイター型とは?

・ボクサーとファイターの中間的なスタイル

・普通の体形の人に向いている

という感じですね・・

ボクシングにもスタイルにもいろいろあるんだな~

と思われたのではないでしょうか。

自分にあったボクシングスタイルを選ぶと、

練習方法に意識するポイントが変わってきますので、

とてもおもしろいです。


また、やればやるほどボクシング技術の深さを感じてきますので、

飽きずにいつまでも練習出来ます。

ですので、自分にあったボクシングスタイルを選んで、

得意なパンチに磨きをかけてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする