MASAのフィットネスボクシングお悩み相談③【上手にならない】

こんにちはMASAです。

今日はフィットネスボクシングお悩み相談③【上手にならない】

をお伝えします。

数年フィットネスボクシングジムに通っている人で、

「全然、上手にならないんです。」

「どうしたら、あの人みたいに出来るんですか?」

と質問されることがあります。

せっかくトレーニングをしているのですから、

上手になりたいですよね。

私も会員さんには、

カッコ良くフィットネスボクシングの

トレーニングをして欲しいです。

そこで、なかなか上手に

フィットネスボクシングが出来ない人の

特徴をまとめました。

また、上手にフィットネスボクシングが

出来ている会員さんについても説明していますので

今回も最後までお付き合い下さい。

1. トレーナーのアドバイス通りに出来ていない

フィットネスボクシングが

上手に出来ていない人の多くは

トレーナーのアドバイス通りに

出来ていない事が多いです。

本人はアドバイス通りに

やっているつもりなのですが、

ちょっと違うところがあると、

なかなか上手にならないんです。

例えば、前足の先を向けた方向にパンチを打つと

バランスが良く、パンチに力も入って

とても良いバンチの打ち方になるのですが、

一度、前足の先とは違う場所に

パンチを打つクセがついてしまうと、

直すのが難しくなっている場合があります。

そして、その打ち方を直さないで、

そのまま続けていると

なかなか上手にならないんです。

ただ、直ぐに治せる人もいて、

そういう人は上手になるのが早いです。

ちなみに、

どうやって上述のパンチの癖を直せば良いかと言うと、

左右連続でパンチを出してみます。

この時、

スムーズに打ちやすい場所を探して打つと、

前足の先が向いている方向が

打ちやすいことに気が付くはずです。

是非、やってみて下さい。

話は変わりますが、

私がプロボクサーだった頃、

スマートなボクサースタイルがしたかったのに、

ファイタースタイルをトレーナーに教えられて、

トレーナーのアドバイス通りに

出来なかった事があります。

ですので、

アドバイを受けるトレーナーとの

信頼関係も大切になると思います。

では、

あなたは信頼出来るトレーナーを見つけて、

しっかりとアドバイスを受けて下さい。

そうすれば、きっと早く

フィットネスボクシングが上手になりますよ。

2. 勘違いをして理解している

フィットネスボクシングが、上手にならない人で

トレーナーのアドバイスを

勘違いをして理解している人も多いです。

結果的に、

トレーナーのアドバイス通りに出来ていない

と言うことにもなります。

もし、あなたが上手に出来ないことがありましたら

やり方を勘違いをして理解している

可能性が高いので、

トレーナーに聞いてみる事をオススメします。

私は右ストレートを教えてもらったばかりのころ

右ストレートを打つ時に腰をひねり過ぎていました。

ただ、そうすれば強くパンチを打てると信じていたので

腰を目一杯ひねって練習をしていたんです。

そうしたら、腰を痛めてしまい。

トレーナーから腰をまわし過ぎだと注意されました。

そして、勘違いをしてトレーニングすると、

上手にならないと分かったんです・・・

ですので、あなたは上手にならないと思ったら

信頼出来るトレーナーを見つけて、

しっかりとアドバイスを受けて下さい。

まとめ

今回はフィットネスボクシングお悩み相談①【上手にならない】

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. トレーナーのアドバイス通りに出来ていない

・本人はアドバイス通りにやっているつもりだが、

 ちょっとした違いでなかなか上手にならない。

・信頼出来るトレーナーを見つけて、しっかりとアドバイスを受ける。

2. 勘違いをして理解している

・トレーナーのアドバイスを勘違いをして理解している。

・結果的にトレーナーのアドバイス通りに出来ていない

という感じですね・・

これであなたは、

上手にならない理由が理解出来たのではないでしょうか。

何かを教わる場合には基本をしっかり身に付ける事が

上手になることに重要です。

フィットネスボクシングでも、

しっかり基本を身に付ければ

直ぐに上手になります。

ですので、あなたがフィットネスボクシングが

上手にならないと思ったら

基本をしっかり確認して

トレーニングをしてみて下さい。

そうすれば、

きっとフィットネスボクシングが

上手になります。

がんばって下さいね。^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする