フィットネスボクシングのジャブの正しい打ち方をMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日は、フィットネスボクシングのジャブの正しい打ち方をお伝えします。

フィットネスボクシングのジャブは

基本中の基本のパンチです。

ジャブがしっかり打てれば、

他のパンチを打つ時にも

良い影響が出てきます。

例えば、次のパンチを打つ

タイミングを取るのにも

役立つんです。

ですので、

しっかり覚えて下さい。

ジャブを打つコツについて、

こちらの記事でも説明してますので

良かったらお読みください。

MASAが教えるフィットネスボクシングの基本2 4つのパンチの打ち方のコツ

又、ジャブを正しく打つことのメリットも説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. ガードをした位置から打つ

ガードした位置からジャブを打ちます。

構えた位置からスッと出すんです。

そうすると、相手にジャブを打つことが、

分かりづらくなります。

私はジャブを覚えた時に、

ガードした位置から一度拳を下に下げて

ジャブを打つクセがついていたので

直すのに苦労しました。

このクセを直すのに、

ゆっくりジャブを打って、

ガードが下がらないように何度も練習しました。

そうしたら、ガードを下げずに、ガードした位置から

ジャブを打てる様になったんです。

ガードが下がるクセがついたままで、

スピードをつけながらジャブを打つと、

なかなかガードが下がるのが治りません。

ですので、ガードをした位置から、

ゆっくりジャブを打つ練習をしてみて下さい。

そうすれば、きっとガードした位置から

ジャブをキレイに打てますよ。

2. 槍を突くように打つ

ジャブは槍を突くように打ちます。

相手に、向かって

鋭く突き刺すように打つんです。

また、肩の力を抜いて、

スピードに乗せて打ちます。

そうすると、スピードがあって

力強いジャブが打てるんです。

私は、ある世界チャンピオンの方に

ジャブを教えてもらった事があるのですが、

やはり構えた位置から

拳が槍を突くようにスッと出てきました。

私の顔に向かって打つところを見せてもらったら、

相手の拳だけが急に大きくなってくる感じで、

身動きが取れないんです。

あまりにも凄すぎて、ビックリしましたよ。

そして、その時に

ボクシングはジャブ一つだけでも、

試合に勝てると思いました。

それから、私も槍を突くようなジャブを

必死に練習したんです。

ですので、あなたもジャブが

槍をつくように打てるように練習して下さい。

そうすれば、フィットネスボクシングが

かなり上手になりますよ。

3. しっかり拳を当てる

しっかり拳を当てる事は、

とても重要です。

しっかり拳を目標に当てないと、

パンチに体重がうまく乗らないし

手を痛めてしまいます。

ですので、しっかりとキレイに

目標に拳を当てて下さい。

しっかり拳を当てるコツは

キレイに拳を握る事です。

キレイに拳を握るについて分からない方は、

こちらの記事で説明してますので

良かったらお読みください。

MASAが教えるフィットネスボクシングの基本1 構え方と握り拳の作り方

キレイに拳を握って、

しっかり目標に拳を当てれば、

キレイにジャブを打てます。

ですので、あなたはしっかり拳を当てて

キレイにジャブを打って下さいね。

まとめ

今回は、フィットネスボクシングのジャブの正しい打ち方

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. ガードをした位置から打つ

・構えた位置からスッと出す。

・ガードした位置からジャブを打つことで相手にジャブを打つことが、分かりづらくなる。

2. 槍を突くように打つ

・相手に、向かって鋭く突き刺すように打つ。

・肩の力を抜いて、スピードに乗せて打つ。

3. しっかり拳を当てる

・しっかり拳を目標に当てるとパンチに体重がうまく乗る。

・しっかり拳を当てるコツは、キレイに拳を握る事。

という感じですね・・

単にジャブを打つといっても気を付ける点が色々とあるんだな~

といった感想を持たれたのではないでしょうか。

ジャブは攻める時に使ったり、

守る時に相手の動きを止めたりすることも出来る

凄いパンチなんですよ。

ですので、あなたは基本中の基本のパンチであるジャブを、

しっかり身に付けて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする