フィットネスボクシングの左アッパーの正しい打ち方をMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日は、フィットネスボクシングの左アッパーの正しい打ち方をお伝えします。

左アッパーは、腕を下に下げて、

下から上に腕を振り上げて

相手の顎にパンチを打ち込むんです。

相手との距離が近い、接近戦で使います。

左アッパーを打つコツについて、

こちらの記事でも説明してますので

良かったらお読みください。

MASAが教えるフィットネスボクシングの基本2 4つのパンチの打ち方のコツ

又、左アッパーが上手に打てるようになることについての

メリットも説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. 左腕をしっかり下に引く

左アッパーは、パンチを打つ前に

左腕をしっかり下に引きます。

左腕を下に引く事によって、

パンチに勢いをつける事が出来るからです。

左腕を下に引いた時に、右肩を前に出し、

左肩を後ろに引くと

左腕をしっかり下に引く事が出来ます。

そして、下に引いた左腕(左拳)を

相手の顎に振り上げてパンチを打つんです。

初心者の多くの人が、

左腕だけを下に下げています。

そうすると、腕だけ振り上げて

左アッパーを打つ事になるので、

まったく力が入りません。

ですので、左アッパーを打つ時には、

しっかり右肩を前に出して、

左肩を後ろに引きながら

左腕を下に下げて下さい。

2. 自分のおでこの前に目標を持ってくる

左アッパーを打つ時に、

相手の顎が自分のおでこの前に来る様にして、

パンチを打ちます。

おでこの前あたりが、体のバランスが良くて、

力が入りやすいからです。

左腕を引いた時に、

相手の顎が自分のおでこの前に来る様にして、

左腕(左拳)を振り上げて相手の顎を打ち抜く様に

パンチを打ちます。

そうすると、バランスが良く、

力強い左アッパーを打てるんです。

初心者の人で、左アッパーを打つ時に

自分の顎を上げながら

パンチを打ってしまう人が多くいます。

そうすると、体が流れてバランスが悪くなり、

力が入れづらくなりますので、

顎を引いてパンチを打って下さい。

そうすると、バランス良く力を入れて

左アッパーが打てます。

3. 左膝の動きを合わせる

全てのパンチは膝の動きを合わせて打ちます。

左アッパーは左膝の動きを合わせて打つんです。

左アッパーを打つ時に、

左膝を内側に押し込む様にして打ちます。

そうすると、体全体のバランスが良くなり

スムーズにパンチを打つ事が出来るんです。

初心者のうちは、

膝の動きまで考えてトレーニングをすると

やりづらいと思いますので、

慣れてきてから膝の動きを

取り入れても良いと思います。

膝の動きは、体をリラックスさせて、

軽くパンチを出してみると

自然に膝が内側に動いてくれるので、

コツをつかみやすいですよ。

まとめ

今回は、フィットネスボクシングの左アッパーの正しい打ち方を

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. 左腕をしっかり下に引く

  • パンチを打つ前に左腕をしっかり下に引く。
  • 左腕を下に引いた時に、右肩を前に出し、左肩を後ろに引く
  • 下に引いた左腕(左拳)を相手の顎に振り上げてパンチを打つ。

2. 自分のおでこの前に目標を持ってくる

  • 相手の顎が自分のおでこの前に来る様にして左腕(左拳)を振り上げる

3. 左膝の動きを合わせる

  • 左膝を内側に押し込む様にして打つ。
  • 体全体のバランスが良くなりスムーズにパンチを打つ事が出来る。

という感じですね・・

単に左アッパーの打ち方といっても色々とあるんだな~

といった感想を持たれたのではないでしょうか。

実は、左アッパーはプロボクサーでも、

あまり使う人を見た事がない、

当てるのが難しいパンチなんです。

ですので、

このパンチが打てるとカッコ良いです。

ただ、実戦で相手に左アッパーを打ち込むの難しいですが、

フィットネスボクシングで行う場合は

相手にパンチを、当てる訳ではないので、

しっかり練習して下さい。

左のジャブ、フック、アッパーが打てると、

コンビネーション(連打)の打ち方の幅が広がります。

そうすれば、

カッコ良くフィットネスボクシングの

トレーニングが出来る様になるので、

頑張って下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする