フィットネスボクシングの左ボディアッパーの正しい打ち方をMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日は、フィットネスボクシングの左ボディアッパーの正しい打ち方をお伝えします。

左ボディアッパーは、腕を下に下げて、

下から腕を振り上げて

相手のお腹にパンチを打ち込みます。

このパンチは相手に近づいた

接近戦で使うんです。

相手の懐に飛び込んで打つパンチなので、

実戦では相手にパンチを打たれる可能性が高いため

打つのに勇気がいるんですよ。

それでは、左ボディアッパーが

上手に打てるようになることについての

メリットも説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. 左腕をしっかり下に引く

左ボディアッパーは、パンチを打つ前に

左腕をしっかり下に引きます。

左腕を下に引く事によって、

パンチに勢いをつける事が出来るからです。

左腕を下に引いた時に、

相手の懐に入るイメージで腰を落としてから

右肩を前に出し、左肩を後ろに引くと

左腕をしっかり下に引く事が出来ます。

そして、下に引いた左腕(左拳)を

相手のお腹に振り上げてパンチを打つんです。

実戦では、相手から離れている距離で

左ボディアッパーを打つと、

パンチが届きません。

そして、相手との距離が離れていると

相手の右ストレートを打たれやすいので危険です。

ですので、

しっかり相手の懐に入るイメージして

トレーニングをして下さい。

2. 相手のお腹に突き刺すように打つ

左ボディアッパーは

相手のお腹に突き刺すように打ちます。

しっかり相手の懐に入り、左腕を引いてから

相手のお腹に突き刺すように打つんです。

お腹にパンチを打つときに、

上にパンチを振り上げてしまうと

お腹に強くパンチを打ち込む事が出来ないので

しっかり相手のお腹に突き刺すように打ちます。

私が左ボディアッパーを覚え始めた頃、

パンチを振り上げて打っていたので、

強いパンチを打てなかったのですが、

突き刺すように打つようになってから

強く打てるようになりました。

ですので、あなたも左ボディアッパーは

しっかり相手のお腹に突き刺すように

打って下さい。

そうすれば、

上手に打てるようになりますよ。

3. 左膝の動きを合わせる

他の記事でも説明していますが、

全てのパンチは膝の動きを合わせて打ちます。

左ボディアッパーは左膝の動きを合わせて打つんです。

左ボディアッパーを打つ時に、

左膝を内側に押し込む様にして打ちます。

そうすると、体全体のバランスが良くなり

スムーズにパンチを打つ事が出来るんです。

リラックスして左ボディアッパーを練習すると

やりやすいので試してみて下さいね。

まとめ

今回は、フィットネスボクシングの左ボディアッパーの正しい打ち方

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. 左腕をしっかり下に引く

  • 左腕を下に引く事によって、パンチに勢いをつける事が出来る
  • 相手の懐に入るイメージで腰を落としてから右肩を前に出し、左肩を後ろに引いて左腕をしっかり下に引く。

2. 相手のお腹に突き刺すように打つ

  • しっかり相手の懐に入り、左腕を引いてから相手のお腹に突き刺すように打つ。
  • お腹にパンチを打つときに、上にパンチを振り上げてしまうと強くパンチを打ち込む事が出来ないのでしっかり相手のお腹に突き刺すように打つ。

3. 左膝の動きを合わせる

  • 左ボディアッパーは左膝の動きを合わせて打つ。
  • 左ボディアッパーを打つ時に、左膝を内側に押し込む様にして打つ。
  • 体全体のバランスが良くなりスムーズにパンチを打つ事が出来る。

という感じですね・・

左ボディアッパー1つでも、打つためのポイントが色々とあるんだな~

といった感想を持たれたのではないでしょうか。

左ボディは、地味なパンチと思われがちですが、

プロボクシングの中では、左ボディ打ちが上手い人は

メチャクチャ強い人が多いんです。

お腹(ボディ)にパンチを受けて効いてしまうと

地獄の苦しみと言って物凄く苦しみます。

ですので、プロボクシングでは

とても大事なパンチなんです。

もちろん、フィットネスボクシングでも

大事なパンチですよ。

左ボディアッパーが打てるようなると

顔とお腹に上下の打ち分けが出来るので、

トレーニングの幅が広がります。

ですので、

あなたも必殺の左ボディアッパーが打てる様に

がんばって下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする