ボクシングフォームがカッコ良く見える3つのコツをMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日はボクシングフォームがカッコ良く見える3つのコツをお伝えします。

ちょっとしたコツを知っているか知らないかで、見栄えがかなり変わりますので

是非参考にしてみてください。

又、フォームがカッコ良くなることでのメリットについても説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. 体のバランスの取り方のコツ

ボクシングのバランスは体の中心で取ります。

基本的に体の中心を軸にして、パンチを打ったり避けたりします。

おもちゃのでんでん太鼓のような動きをイメージするのがコツですね。

バランスが良くなるとスムーズにパンチが打てるようになりますので、

しっかり覚えることをオススメします。

また、バランスが悪いと変な所に力が入って、無理な体制を取ってしまい

腰などを痛めてしまいますので気を付けてください。

野球でも、サッカーでも、ゴルフでも、

カッコ良いフォームをしている人はバランスが良いんです。

バランスが良いとケガもしにくいですし、疲れづらくもなるので

しっかり意識して練習してくださいね。

ちなみに、私がボクシングを始めたころ

腰をひねり過ぎて良く腰を痛めていました。

ですので、あなたは腰をひねり過ぎず、

スムーズに動ける範囲で腰をまわしてみてください。

そうすると、腰を痛めずにバランス良く動く事が出来きます。

2. 腕の伸ばしかたのコツ

腕はしっかり伸ばしてパンチを打ってください。

しっかり腕を伸ばして打つパンチは、ジャブとストレートです。

初心者のうちは、腕を伸ばさないでパンチを打つ方が意外と多くいます。

理由は、打ったパンチを直ぐに元のガードに戻そうとして

腕をしっかり伸ばせていないんです。

最初のうちは、しっかりパンチを打つことの方が大事ですので、

腕を伸ばしてパンチを打ってください。

腕を伸ばすコツとしては、パンチを打つ目標より先のほうまで

突き刺すようにして打つと良いです。

そうすると、キレイに腕を伸ばすことが出来てカッコ良く見えます。

ちなみに私も最初はスピードを付けてパンチを打ち、

素早くガードに戻そうと思って

上手く腕を伸ばせていない時がありました。

しかし、トレーナー(コーチ)にもっとしっかり打ち込むようにと

アドバスを受けて直したところ、キレイなフォームになったんです。

あなたも是非、やってみてください。

3. アゴの引き方のコツ

アゴを引くコツは、上目づかいをすると良いです。

上目づかいをするとアゴが引きやすくなります。

また、パンチを打つ時は、おでこも一緒にぶつけに行く感じで

パンチを打つとアゴが引けます。

私も始めは良くアゴが上がっていて、

アゴを引けとトーレーナー(コーチ)に注意されていました。

アゴを引く理由は相手のパンチを顔面にもらいづらくするためで、

スパーリング(実戦練習)をしたときに、

アゴが上がっているとモロに顔面にパンチをもらっちゃうんです。

アゴを引ているとパンチをもらっても、おでこに当たるので踏ん張れます。

踏ん張れると、パンチをもらってもあまり効かないし、見栄えも良いんです。

ですので、あなたもしっかりアゴが引ける様に練習してください。

まとめ

今回は、ボクシングフォームがカッコ良く見える3つのコツを

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. 体のバランスの取り方のコツ

体の中心を軸にして、バランスをとり、

でんでん太鼓のような動きをイメージする。

2. 腕の伸ばしかたのコツ

腕はしっかり伸ばしてパンチを打ち、

目標より先のほうまで突き刺すようにする。

3. アゴの引き方のコツ

上目づかいをする。

という感じですね・・

ボクシングのフォームがカッコ良く見えるコツを見て

意外と自分にも出来るんじゃないかと

思われたのではないでしょうか?

ボクシングのフォームがカッコ良く見えると、

やる気も出てくるし、練習も楽しくなってきます。

また、無駄に疲れませんし、

サンドバックやミットの打ち方も上手になります。

ボクシングのフォームがカッコ良く見えると、

これだけのメリットがあるんですね~

たかがフォーム、されどフォーム

あなたがボクシングジムに通われているのであれば

是非、トレーナーにフォームをしっかり見て貰って、

あなたはボクシングフォームがカッコ良く見える3つのコツを

しっかり覚えてみてください。

ちょっと意識するだけで、驚くほどボクシングが

上手くなっていきますよ^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする