MASAが教える基本コンビネーションパンチ3つのコツ

こんにちはMASAです。

今日は、コンビネーションパンチ3つのコツをお伝えします。

コンビネーションパンチとは、ジャブの次に右ストレートを打つ

といったように連続でパンチを打つことです。

この動きを覚えて、まずシャドーボクシングで練習をしてから、

ミットやサンドバックにパンチを打ち込む練習をします。

キレイなコンビネーションが打てるように参考にしてみて下さいね。

又、キレイなコンビネーションについてのメリットも説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. ワンツー

ワンツーは、

ワンで左ジャブを打ち、ツーで右ストレートを打ちます。

左ジャブを打った時に、左腕を伸ばして反動をつけ、

その反動を利用して右ストレートを打ち込みます。

反動を利用することにより、右ストレートが強く打てるんです。

*サウスポー(左利き人)は左右逆にして下さい。

コツとしては、でんでん太鼓のように体の軸を使って

体を振りながらパンチを打ちます。

そうすると、スムーズにパンチが打てるんです。

ワンツーは、コンビネーションパンチの基本中の基本で、

一番最初に練習するコンビネーションパンチなので、

しっかり覚えて下さいね。

2. ワンツー、フック

ワンツー、フックは、ワンで左ジャブを打ち、

ツーで右ストレートを打った後にフックを打ちます。

このコンビネーションもパンチを打った反動を利用して

次のパンチを打っていくんです。

左ジャブを打った時に、左腕を伸ばして反動をつけ、

その反動を利用して右ストレートを打ち込みます。

その次に右ストレートを打った反動を利用して、

左フックを打ち込みます

このコンビネーションのコツも、でんでん太鼓のように体の軸を使って

体を振りながらパンチを打つんです。

そうすると、スムーズにパンチが打てます。

ワンツー、フックが打てるようになると、

かなりボクサーっぽく見えるようになりますので

がんばって覚えてくださいね。

3. ワンツー、アッパー

ワンツー、アッパーは、ワンツー、フックのフックが

アッパーに変わった感じです。

ワンで左ジャブを打ち、ツーで右ストレートを打った後に

アッパーを打ちます。

このコンビネーションもパンチを打った反動を利用して、

次のパンチを打っていくんです。

左ジャブを打った時に、左腕を伸ばして反動をつけて、

その反動を利用して右ストレートを打ち込みます。

その次に、右ストレートを打った反動を利用して、

左アッパーを打ち込みます。

このコンビネーションのコツも、でんでん太鼓のように体の軸を使って

体を振りながらパンチを打つんです。

全てのコンビネーションパンチは、でんでん太鼓のように体の軸を使って

体を振りながらパンチを打つということになります。

これは重要なので、しっかり覚えてくださいね。

まとめ

今回はコンビネーションパンチ3つのコツ

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. ワンツー

ワンで左ジャブを打ち、ツーで右ストレートを打つ。

2. ワンツー、フック

ワンで左ジャブを打ち、ツーで右ストレートを打った後にフックを打つ。

3. ワンツー、アッパー

ワンで左ジャブを打ち、ツーで右ストレートを打った後にアッパーを打つ

そして、全てのコンビネーションパンチのコツは

でんでん太鼓のように体の軸を使って

体を振りながらパンチを打つことです。

という感じです。

色んなパンチを組み合わせて打っても、

基本的な動きは一緒で、でんでん太鼓のように体の軸を使って

体を振りながらパンチを打つということに驚いたのではないでしょうか?

そして、こうする事によって、スムーズにパンチが打てて、

更に反動を利用して強いパンチが打てるというメリットとなります。

私も、このように出来るようになってから、スムーズにパンチが打てて、

強いパンチが打てるようになりました。

あなたも、上手にコンビネーションパンチが打てるように、

参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする