MASAが教えるパンチ力を上げる3つの方法

こんにちはMASAです。

今日はパンチ力を上げる3つの方法をお伝えします。

フィットネスボクシングを始めると、

基本的にボクシングの練習をするので、

強いパンチが打てるようになりたくなる人が多いんです。

強いパンチが打てると、自分が強くなったみたいで、

自信がつくんですよね。

又、強いパンチが打てるようになると、

どのような事が出来るかについてもお伝えしますので

今回も最後までお付き合いください。

1. スピード

ボクシングのパンチはキレで打ちます。

キレとは鋭さの事です。

刀でサッと切るイメージが

分かりやすいと思います。

スピードを出すには、

肩の力を抜いてパンチを打ちます。

そうすると、スピードが上がるんです。

初心者の方は、強いパンチを打とうと思うと、

どうしても肩に力が入ってしまう人が多くいます。

私も最初はそうでした。

なので、気持ちは良く分かります。

ては、どうすれば力を抜くことが出来るのか、

コツを教えますね。

腕をダラーンとたらして、肩の力も抜きます。

そして、肩の力を抜きながら、

拳を上に上げて構えるんです。

その時、ガードは低くて良いですよ。

そして、肩の力を抜きながら

楽にパンチを打ってみるんです。

そうすると、

力を抜いたパンチのコツがつかめてきます。

そのイメージをつかんだまま、

いつもの構えに戻してパンチを打つと、

スピードが上がりキレのあるパンチが打てるんです。

最初は出来ないかもしれませんが、

練習を重ねていけば必ず出来る様になりますので、

是非、試してみてください。

2. 筋肉

筋肉はスピードのある筋肉が必要です。

瞬発力のある筋肉をつける必要があります。

なので、ボディビルダーのような、

太くて、たくましい筋肉は必要ありません。

太くて、たくましい筋肉をつけると

スピードがなくなってしまうので気をつけて下さい。

では、スピードのある筋肉とは

どう鍛えれば良いのでしょうか。

それは、ジャンプやダッシュのような

トレーニングが良いです。

パンチの場合は自転車のタイヤのチューブのようなゴムを

引っ張るようにしてパンチを打ちます。

そうすると、パンチを打つときに必要な、

スピードの筋肉が鍛えられるんです。

又、スピードをつけたシャドーボクシングも

スピードをつける筋肉をつけます。

ですので、あなたは、ゴムを使ったトレーニングや、

スピードをつけたシャドーボクシングで、

パンチのスピードが出るトレーニングをしてみて下さい。

そうすれば、きっとフィットネスボクシングで

必要なスピードの筋肉を手に入れられますよ。

3. 力を入れる瞬間

パンチを打つときに力を入れる瞬間はもの凄く重要です。

パンチが目標に当たる瞬間に拳を握って力を込めます。

そうすると、キレッ、キレのパンチが打てるんです。

コツとしては、パンチを当てる目標の

10cm位前に拳を構えたところからパンチを打って

当たる瞬間に拳を握って力を込める練習をします。

そうすると、感覚がつかめてくるんです。

私もこの感覚がつかめてから、

パンチの、キレが出てきました。

あなたもキレッ、キレのパンチが打てるように、

練習してみて下さい。

まとめ

今回はをパンチ力を上げる3つの方法を

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. スピード

力を抜いてキレで打つ

2. 筋肉

・瞬発力のある筋肉をつける

・ボディビルダーのような太い筋肉はいらない

3. 力を入れる瞬間

・パンチが目標に当たる瞬間に拳を握って力を込める。

という感じですね・・

パンチ力を上げるのは、キレを出すということに、

あなたは驚いたのではないでしょうか。

パンチのキレが出ると、ミット打ちや、

サンドバッグを打った時の音が凄いんです。

バチーンと当たって、周りの人が驚きます。

しかも、力を抜いているので、

あまり疲れないんです。

あなたも、パンチ力が上がるように肩の力を抜いて

スピードをあげ、スピードのある筋肉をつけて、

バチーンとミットに打ち込んで下さい。

めちゃくちゃ、気分が良いですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする