フィットネスボクシングの右ストレートの正しい打ち方をMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日はフィットネスボクシングの右ストレートの正しい打ち方をお伝えします。

右ストレートは力強く、威力のあるパンチです。

このパンチが上手に打てるようになると、

ミットやサンドバック打ちが、

とても気分良く打つことが出来ますので、

しっかり覚えて下さいね。

右ストレートを打つコツについて、

こちらの記事でも説明してますので

良かったらお読みください。

MASAが教えるフィットネスボクシングの基本2 4つのパンチの打ち方のコツ

又、右ストレートが

上手に打てるようになることについての

メリットも説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. 肘をお腹の上に乗せる

右ストレートは肘をお腹の上に乗せて,

そこから押し出すようにして打ちます

肘をお腹の上に乗せることによって、

脇を閉めることにもなるんです。

初心者のうちは、

どうしても脇が開いてしまうので

肘をお腹の上に乗せることにより

脇が開く事を防げます。

私は初心者の頃に、

脇を閉めるためにタオルを脇に挟んで

練習をしたことがあるのですが、

脇に力が入ってしまい疲れるので,

長い時間は出来ませんでした。

ある時、トレーナーに

肘をお腹の上に乗せる事を教えてもらい

簡単に脇が閉まることに驚きました。

それからは、肘をお腹の上に乗せて

脇を閉めて右ストレートを打っています。

意外と簡単に出来ますので、

あなたも肘をお腹の上に乗せてみて下さい。

そうすれば、楽に脇を閉めて

右ストレートを打てるようになりますよ。

2. 野球のボールを投げるようにを打つ

右ストレートの打ち方は、

野球のボールの投げ方と良く似ています。

ボールを投げる時に、

脇を閉めて投げるイメージで

右ストレートを打つんです。

ボールを投げ終わった後は、

頭が左膝の上あたりに来るのですが、

右ストレートも同じ様に打ち終わりは

頭が左膝の上にきます。

左膝の上まで頭がくることで、

パンチに体重が乗り

右ストレートが強く打てるんです。

左膝の上より頭が前や横に出てしまうと、

バランスを崩してしまうので気を付けて下さい。

私が初心者だった頃は、

右ストレートを打った後に

頭が左膝の左横まで行ってしまっていたので、

足元がふらつきバランスが悪かったんです。

しかし、頭を左膝の上で止める様にしたら、

バランスがとても良くなりスムーズに

右ストレートが打てる様になりました。

ですので、あなたも右ストレートを打つ時は、

野球のボールを投げるように打って、

頭は左膝の上までくるようにしてみて下さい。

そうすれば、きっと力強い右ストレートが

打てるようになりますよ。

3. 左の足先方向に向かって打つ

右ストレートは左足先方向に向かって打ちます。

左足先方向は、

自分の力を一番こめられる場所なので、

自分の一番強い右ストレートが打てるんです。

この事を、私が始めて

トレーナーに教えてもらった時、

もっと体をひねった方が強いパンチを

打てるのではないかと思いました。

しかし、

サンドバッグをゆっくり拳で押してみたら、

左足先が一番力が入った事が分かったんです。

それから私は、

左足先に右ストレートを出すことにより、

強く打てる様になりました。

是非、あなたも左足先に向かって

サンドバッグをゆっくり押してみて下さい。

そうすると、力が強く入る事が分かるはずです。

そして、力が強く入る事が分かったら

右ストレートを左足先に向かって打ってみて下さい。

そうすれば、あなたは右ストレートを、

最高に強く打てるようになりますよ。

まとめ

今回はフィットネスボクシングの右ストレートの正しい打ち方を

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. 肘をお腹の上にに乗せる

  • 右ストレートは肘をお腹の上に乗せて,そこから押し出すようにして打つ。
  • 肘をお腹の上に乗せることによって、脇を閉めることにが出来る。

2. 野球のボールを投げるようにを打つ

  • ボールを投げる時に、脇を閉めて投げるイメージで右ストレートを打つ。
  • ボールを投げ終わった後と同じ様に、右ストレートの打ち終わりには、 頭が左膝の上あたりに来るようにする。

3. 左の足先方向に向かって打つ

  • 左足先方向は、自分の力を一番こめられる場所で、 自分の一番強い右ストレートが打てる。

という感じですね・・

単に右ストレート打ちパンチの打ち方といっても色々とあるんだな~

といった感想を持たれたのではないでしょうか。

右ストレートが上手に打てるようになると、

シャドーボクシングがとてもキレイに

見えるようにもなるというメリットもあります。

ジャブやストレートのように

真っすぐ打つパンチは

キレイに腕を伸ばして打つのがコツで

そうすると、凄くカッコよく見えるんです。

会員さんで、

キレイなシャドーボクシングをしている人は、

間違いなくキレイな右ストレートを打っています。

ですので、あなたも今回お伝えした事を

しっかりマスターして、

上手に右ストレートが打てるようになって下さいね。

そうすれば、カッコ良くフィットネスボクシングが

出来るようになりますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする