フィットネスボクシングの右フックの正しい打ち方をMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日は、フィットネスボクシングの右フックの正しい打ち方をお伝えします。

右フックは右腕を曲げて、

相手の左側から横顔を打つパンチです。

このパンチは、右ストレートより

自分と相手が近い距離の時に打つパンチとなります。

なので、接近戦で打つパンチなんです。

接近戦で、使える大事なパンチですので、

しっかり覚えて下さいね。

又、右フックが上手に打てるようになることについての

メリットも説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. 右腕をしっかり後ろに引く

右フックは相手の左横からパンチを当てるので、

右腕をしっかり後ろに引いて

パンチを強く打つための間を空ける事が

ポイントになります。

左肩を前に出すイメージで、

右肩と合わせて右腕を後ろに引くのがコツです。

左肩を前に出すイメージは左ジャブを打った後の

左肩の位置にして下さい。

そうすると丁度よい位置に

左肩を前に出すことが出来ます。

でんでん太鼓の振り子の原理の様に

体の中心を軸にして右腕を後ろに引くと

やりやすいですよ。

2. 右肘を相手の顔の前まで振る

右フックは、右腕をしっかり後ろに引いた後に、

右肘を相手の顔の前まで振ります

相手の左横顔にパンチが当たった後に

右肘を相手の顔の前まで振るんです。

そうすると、右腕がしっかり振れて

強いパンチになります。

パンチを打つ目標にパンチが当たった後、

その目標より先まで振り切ることがポイントです

腕を振り切るか、振り切らないかで

全然パンチ力が違うので、

両方の打ち方を試してみて下さい。

その違いに、

あなたはビックリすると思いますよ。

3. 体重を左足に乗せる

右フックの打ち終わりは、

体重を左足に乗せます。

野球のボールを投げ終わった後の様な

体重の乗せ方が良いです。

そうすると、パンチにしっかり体重が乗って

強い右フックを打てる様になります。

パンチを打った後に、フラフラしない位置で

体重を左足に乗せるのがポイントです。

しっかり左足に体重が乗れば、

次に左フックを打つ事も出来ますので

とても大事な動きとなります。

必ずマスターして下さいね。

まとめ

今回は、フィットネスボクシングの右フックの正しい打ち方

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. 右腕をしっかり後ろに引く

  • 右腕をしっかり後ろに引いてパンチを強く打つための間を空ける
  • 左肩を前に出すイメージで、右肩と合わせて右腕を後ろに引く
  • 左肩を前に出すイメージは左ジャブを打った後の左肩の位置にする

2. 右肘を相手の顔の前まで振る

  • 右腕をしっかり後ろに引いた後に、右肘を相手の顔の前まで振る
  • 相手の左横顔にパンチが当たった後に右肘を相手の顔の前まで振る
  • パンチを打つ目標にパンチが当たった後に、その目標より先まで振り切ることがポイント

3. 体重を左足に乗せる

  • 野球のボールを投げ終わった後の様な体重の乗せ方が良い
  • パンチを打った後に、フラフラしない位置で体重を左足に乗せる

という感じですね・・

以上で、あなたも右フックのパンチの打ち方のイメージが

沸いてきたのではないでしょうか?

あなたは、今回ご紹介した3つのコツを

しっかりマスターして上手に右フックが打てるように

トレーニングして下さいね。

右フックが打てるようになると、

右のパンチのバリエーションが増えて

よりレベルの高いトレーニングが

出来る様になります。

ですので、がんばってマスターして下さい。

余談ですが・・・

実は右フックはプロボクシングジムでは、

あまり教えないパンチなんです。

私が右フックを教えてもらった頃には、

右フックを打ちすぎると、

右ストレートが真っすぐ打ちづらくなるから

あまり使うなと言われていました。

しかし、海外のプロボクシングの試合で、

パンチ力がある選手が右フックで

バンバン相手を倒しているのを見て

スゴイなぁ~と思っていました。

国々によってボクシングの教え方が

日本と違いますので、

右フックをバンバン使うプロボクサーも世

界には沢山いるんです。

ですので、あなたは世界に通用するような

右フックをマスターしてみて下さい。

そうすれば、きっと、

日本のトレーナー(コーチ)が驚きますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする