フィットネスボクシングの右アッパーの正しい打ち方をMASAが伝授

こんにちはMASAです。

今日は、フィットネスボクシングの右アッパーの正しい打ち方をお伝えします。

右アッパーは、腕を下に下げて、

下から上に腕を振り上げて

相手の顎にパンチを打ち込むパンチです。

相手との距離が近づいた時の接近戦で打ちます。

プロボクシング等、実戦のボクシングでは、

急所である顎に直接打つパンチなので、

相手はこのパンチをもらうのを、とても嫌うんです。

ですので、当たったら一発で

相手をひっくり返す位の威力をもっています。

こんなパンチを身に付けたら、

凄そうじゃないですか。

ですので、

あなたは、しっかり身に付けて下さいね。

又、右アッパーが上手に打てるようになることについての

メリットも説明していますので

今回も最後までお付き合いください。

1. 右腕をしっかり後ろに引く

右アッパーは、パンチを打つ前に

右腕をしっかり下に引きます。

右腕を下に引く事によって、

パンチに勢いをつける事が出来るからです。

右腕を下に引いた時に、左肩を前に出し、

右肩を後ろに引くと

右腕をしっかり下に引く事が出来ます。

そして、下に引いた右腕(右拳)を

相手の顎に振り上げてパンチを打つんです。

初心者の場合には、右腕だけを

下に下げてしまう人が多くいます。

そうすると、腕だけ振り上げて

右アッパーを打つ事になるので、

まったく力が入りません。

ですので、右アッパーを打つ時には、

しっかり左肩を前に出して、

右肩を後ろに引きながら

右腕を下に下げて下さい。

そうすれば、パンチを打つ前の間を

しっかり作る事が出来ます。

2. 自分のおでこの前に目標を持ってくる

右アッパーを打つ時に、

相手の顎が自分のおでこの前に来る様にして、

パンチを打ちます。

おでこの前あたりが、体のバランスが良くて、

力が入りやすいからです。

右腕を引いた時に、

相手の顎が自分のおでこの前に来る様にして、

右腕(右拳)を振り上げて相手の顎を打ち抜く様に

パンチを打ちます。

そうすると、バランスが良く、

力強い右アッパーを打てるんです。

初心者の人で、右アッパーを打つ時に

自分の顎を上げながら

パンチを打ってしまう人が多くいます。

そうすると、体が流れてバランスが悪くなり、

力が入れづらくなりますので、

顎を引いてパンチを打って下さい。

そうすると、バランス良く力を入れて

右アッパーが打てます。

3. 右膝の動きを合わせる

右アッパーは左膝の動きを合わせて打知ます。

右アッパーを打つ時に、

右膝を相手の顎方向に突き刺す様にして打つんです。

そうすると、

スムーズに体全体が動くので、

バランスが良くなりキレイに

右アッパーを打てます。

膝の動きは、体をリラックスさせて、

パンチを出すのと同時に

膝を相手の顎方向に突き刺すように動かすと

やりやすいですよ。

是非、やって見て下さいね。

まとめ

今回は、フィットネスボクシングの右アッパーの正しい打ち方

お伝えさせて頂きました。

まとめますと、

1. 右腕をしっかり後ろに引く

  • 右腕を下に引く事によって、パンチに勢いをつける事が出来る。
  • 左肩を前に出し、右肩を後ろに引くと右腕をしっかり下に引く事が出来る。

2. 自分のおでこの前に目標を持ってくる

  • おでこの前あたりが、体のバランスが良くて、力が入りやすい。
  • 相手の顎が自分のおでこの前に来る様にして、右腕(右拳)を振り上げて相手の顎を打ち抜く

3. 右膝の動きを合わせる

  • 右膝を相手の顎方向に突き刺す様にして打つ。
  • スムーズに体全体が動くので、バランスが良くなりキレイに右アッパーが打てる。

という感じですね・・

単に右アッパーの打ち方といっても色々とあるんだな~

といった感想を持たれたのではないでしょうか。

右アッパーは、相手の顎に打ち込み

一発で相手を倒してしまう程の、

強力なパンチなのです。

ただ、相手との距離が近くないと

打てないパンチですので、

しっかり相手との距離を考えて

トレーニングして下さい。

右アッパーが打てる様になると、

接近戦で打つパンチのバリエーションが増える為

シャドーボクシングやミット打ち、

サンドバックの打ち方が

いろいろ出来る様になります。

ですので、しっかり身に付けて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする