MASAが教えるフィットネスボクシングの練習メニュー8個とその効果 

こんにちはMASAです。

今日は、フィットネスボクシングの練習メニューと

その効果についてお伝えしたいと思います。

まず、練習メニューは基本的に8個になります。

① 準備運動

② シャドーボクシング

③ サンドバック打ち

④ ミット打ち

⑤ マスボクシング

⑥ 縄跳び

⑦ 筋力トレ-ニング

⑧ 整理運動

このメニューを全て行うと1時間半くらいで終わります。

それでは、それぞれの内容と効果について

説明させていただきますね。

1. 準備運動、その効果とは?

準備運動は基本的にストレッチを行います。

手首や足首、体をほぐして動きやすい状態をつくります。

体をほぐすことでケガ防止にもつながりますので、

しっかり行ってくださいね。

2. シャドーボクシング、その効果とは?

シャドーボクシングとは、目の前に相手がいることを想像して

空想の相手と戦うようにパンチを繰り出したり、避けたりする

ボクシング基本の練習方法です。

シャドーボクシングで得られる効果について、こちらの記事でも説明してますので
良かったらお読みください。

MASAが教えるフィットネスボクシングのシャドーボクシングで得られる3つの効果

初心者の場合は鏡に向かってフォームを確認しながら

1つずつパンチを出して練習します。

基本的には有酸素運動になりますので、

脂肪燃焼効果が期待されます。

また、腕を使いますので、

二の腕の引き締めにも効果が期待されます。

仮想した相手との闘いをイメージ通りに練習して、

実践やマスボクシングで上手に出来るとメチャクチャうれしいんです。

あなたも相手を仮想して練習してみてください。

3. サンドバック打ち、その効果とは?

サンドバックを相手と思ってパンチを打ち込みます。

サンドバックを打つコツは、

サンドバックの縦の中心の芯を狙って打つんです。

野球のバッティングに例えると、

バットの芯で球を打つ感覚に似ています。

芯を打てる様になると、

打った後にサンドバックが上に浮き上がって気持ち良いんです。

効果としては、脂肪燃焼と筋力アップの効果が期待出来ます。

4. ミット打ち、その効果とは?

ミット打ちとは、トレーナー(コーチ)が手にはめているミットに

パンチを打ち込むトレーニングです。

トレーナーが「ジャブ、ワンツー」と打つパンチを指示するので、

指示通りミットに向かってパンチを打ち込みます。

上手に打てると、「バチーン!」と音が響いて、

メチャクチャ気持ちいがいいんです。

ストレス発散には持ってこいです。

良い音を出すコツは、キレイに拳をミットにあてることです。

また、コーチのペースでミットを打つので、

トレーニングの中で一番きついです。

効果としては、脂肪燃焼とスタミナ強化が期待出来ます。

5. マスボクシング、その効果とは?

マスボクシングとはパンチを当てないように相手と対戦するトレーニングです。

初心者の時は、慣れるまで距離感が分からないですが、

やった数だけ上手になりますので、バンバンやってみてください。

相手と対戦すると、やったり、やられたりして、

普通の生活では味わえない興奮が味わえます。

あなたも是非、やってみてください。

きっと、はまると思いますよ。

効果としては、ボクシング技術が向上します。

6. 縄跳び、その効果とは?

あなたもご存知のとおり、縄跳びを飛びます。

縄跳びはリズム感をやしなって、脂肪燃焼効果も期待出来ます。

力を抜いて飛ぶことによって、整理運動にもなるんです。

7. 筋力トレーニング、その効果とは?

筋トレです。

腕立てや腹筋、スクワットを行います。

ダンベルを持ってシャドーボクシングをすることもあります。

ボクシングに必要な腕や足腰、腹筋を鍛えますので、

細マッチョなボクサー体形を作る効果がが期待できます。

8. 整理運動、その効果とは?

整理運動は基本的にストレッチを行います。

疲れた筋肉を伸ばして疲れをやわらげます。

翌日に疲れを残さないためにも、

念入りに行うことをオススメします。

まとめ

フィットネスボクシングの練習メニューは基本的に

ボクサーの練習と同じメーニューとなります。

ですので、全てこなすと、かなりの運動量になります。

「自分にもできるかな?」と不安に思うかもしれませんが、

意外とみんな出来ているので安心してください。

会員さんの声を聞くと、フィットネスボクシングは

「ボクシングの技術の向上があるので、とても楽しい。」

と言ってくれます。

フィットネスボクシングはとても楽しいので、

是非、あなたも始めてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする